奇人ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サカつく04 攻略法 + プレイ日記 その@(〜10年目)

<<   作成日時 : 2012/05/20 22:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

はじめに(レビュー)

少し前のゲームですが、サカつく04は「プロサッカークラブをつくろう」シリーズで一番の名作だと言われています。カップ戦を勝ち抜いて世界一のクラブチームになったり(しかも3回勝つとヴィクトリーカップからスーパーカップに変わって難易度も上がる)、代表監督になって日本をワールドカップで優勝させるのは簡単ではありません。また、Jリーグの実名選手は転生する毎に能力が上昇していくので、年数を重ねる毎に難易度が上がって行き歯ごたえがあります。長くやれば楽勝なら他シリーズはいいやと言うのがこのゲームを長時間プレイした印象です。オンラインは何かと課金だからやりたくないし・・・。とは言ってもネットや攻略本などを活用したりしてコツをつかめればそこまで難しくもなく、程よい難易度と言った感じです。中古なら105円とかで売ってるので、サッカーや(育成)シュミレーションゲームが好きな方にはおすすめです。

攻略法

既に何度もプレイしていますが、最近やったデータを元にし説明していきます。ちなみにリセットは一度もしておりません。序盤はスタジアムを拡大したり施設を充実させて行きつつ、効果の高い留学やキャンプ先を増やすことを優先させていきます。やり方はいろいろあると思いますが、しばらくは新人探索で優秀な選手が出て来ないのでスカウトも給料が安い人で構いません。選手は初年度から出てくる大陣(CDF)、森崎(OMF)、山田(DMF)などを即戦力になる年齢(20歳以上)で獲得して初期メンバーと入れ替えたらしばらくは固定で良いと思います。

1・7月のオフシーズンは海外遠征が中心で10年目までにキャンプに行ったのは4回(国内2回とイスタンブール、モンテビデオに1回ずつ)だけでした。

西欧    モナコ ☆リバプール
東欧    キエフ ブダペスト プラハ 
アフリカ  ヨハネスバーグ
南米    グアヤキル ☆アスンシオン

海外遠征は試合結果によって友好度の上がり方が違ってきます(点差も関係あるかも)。ヨハネスバーグは6年目に3度目のアフリカ遠征で追加されましたが、試合結果によっては4回以上戦う必要があります。最短3回の追加条件の場合はだいたい1勝1分1敗でOKと言う感じでした。ヨハネスバーグには特に用はありませんが、ダカール(やエヌグ)を追加させる為に必要になります。☆マークの所は序盤だとなかなかお目に書かれない所です。仮に出てきたとしても序盤はボロ負けすると思います。また、留学先が増えてくると上記の遠征先がなかなか出てこなくなってしまうのでスポンサーを選ぶ際は十分注意してください。特に西欧が厳しくなるので田中発動機(FCポルト)以外は避けた方が良いと思います。それでもリバプールを追加するのはかなりきついですが・・・。

ヨハネスバーグ  6年目  1-1-1
ブダペスト     7年目 1-1-1
モスクワ      9年目 2-1-1
モナコ       10年目 1-2-1

他は10年目までだと、キエフが2戦2敗、グアヤキルが3戦3敗、プラハ2戦2勝、リバプールとアスンシオンは一度も出てきませんでした。グアヤキルは特に追加する必要は無い気もしますが、序盤しか出てないしキャンプ先としてはそこそこつかえます。

監督・選手での追加

イスタンブール  タリレム       4〜6年目   監督
ベオグラード   P.ジョルナダビッチ 5〜7年目    選手   
モンテビデオ    カバチェロ     8〜? 年目   監督 
サンチャゴ    カゼッタ       9〜?年目   選手 

モンテビデオは他にもアカスタ監督などでも追加されますが、その辺は攻略本や他サイトなどを参考にしてください(笑)。毎月こまめにチェックしていればトルコ人とウルグアイ人の監督は比較的簡単にみつかると思います。スカウトはジョルナダビッチが無料のネゴリカ。カゼッタのスカウトは名前は忘れたけどFWが得意なチリ人です。早い段階でサンチャゴが追加出来たのでベオグラードは無くてもよかったかもしれません。しかもあのハ○は金クレだったし(笑)。そう言えば前にプレイした時に痛み入ります口調の金クレを解雇すると脅し(自由契約にしようとして取り消し)たら不満が消えたような気がしたので機会があったら試してみるつもりです(笑)。

留学 

キャンプもそうですが、能力の限界値を上げるのが主な目的です。例えば最大シュート力が8の選手がいるとします。現在のシュート力が3でも普段の練習や試合に出るにつれ能力が上昇して行き、何年後かには8になります。控え選手も途中交代で試合に出せばちゃんと成長するので限界値を上げる事が最優先事項になります。限界型の所に留学すると8の最大シュート力が9や10まで上がるとかそんな感じです。限界型の留学先にはモナコ、イスタンブール、ベオグラード、モンテビデオ、サンチャゴ、ダカール、ポルトなどがあります。

普段の練習や試合と同じ効果があるのが実能力型で、五分五分なのが平均型と言った感じです。キエフやプラハは平均型ですが、効果が高いので2度目の留学先としては優秀です。留学期間は1回目が2年で、2回目は2年又は推奨期間にしています。

10年目に新人検索で松田(GK)と契約金2億円で武藤(CDF)を獲得したので、この年から留学に出すようになりました。尚、システムは4-5-1 DVで FW2、SMF3、OMF1、DMF3、SDF3、CDF3、GK2の17人でプレイしつつ、優秀な新人を獲得したら即留学に出して行くと言った感じです。

ポジション別  おすすめ留学先

FW 1 ダカール、サンチャゴ、ベオグラード → 2 キエフ、モナコ

OMF 1 ポルト、イスタンブール、リヨン → 2 キエフ、モナコ

SMF 1 モンテビデオ、イスタンブール、ポルト → 2 モナコ、キエフ

DMF 1 ポルト、ブダペスト、エヌグ → 2 キエフ、モナコ

SDF 1 モンテビデオ、イスタンブール、エヌグ → 2 キエフ、モナコ

CDF 1 リバプール、ブダペスト、アスンシオン → 2 キエフ、モナコ 

GK 1 リバプール、アスンシオン、ブダペスト、 → 2 プラハ、モナコ

もっと効果的な留学先や組み合わせも多々あると思いますが、リバプール以外は比較的早い段階から揃えられる事もおすすめ理由です。

2留に関しては頻繁にキャンプをするようになれば別に行かなくても良い気もするし、年齢や成長型によっては1留だけの方が良いと思います。それもあってかなり大雑把ですが、基本的にはキエフかモナコのどっちかでいいと思います。

キエフはストライカーとドリブラーとストッパーの適正が上がりますが、SMFのポジション適正と飛び出しが下がります。また、1留がモンテビデオの場合はサイド攻撃とプレッシングを補う為にもSDFでも2留はモナコの方が良いような気がします。モナコはマイナス要因が無くどのポジションでもOKですが、キエフの方が効果がある気がします。プラハはGK(とリベロ)のみって感じですかね。ただし3トップがマイナスになります。まだ追加されて無い場合はメキシコシティ(攻撃系、平均型)、カリ(守備系)、グラスゴー(全ポジOK)などで代用して下さい。

プレイ日記 1〜10年目

5年目にJ2を優勝して二度目の昇格を果たしてからは14位→13位→9位→9位→7位と徐々に上がって来てはいますが、未だにJ1での優勝がありません。初年度に能力の高い南米のFW選手を獲得したりすると6年位で完全優勝出来るようにもなりますが、今回は序盤であまり即戦力の選手が揃いませんでした。那覇市でプレイしてるのでその時より金銭的にも恵まれているはずなんですけどね。

特にFWで苦労してて初期メンバーの和多塚と守山をずっと抱えたまま、ようやく獲得した能力の高いFWが晩成型の増永だったのでなかなか成長してくれません(笑)。能力が高い選手は武藤と松田の他に6年目に獲得した光村(SMF)もいます。今年で契約が切れるので5年更新してからモンテビデオ+モナコに4年間留学させる予定です。中心選手の彼不在でもさすがにもう降格は無いと思いますが・・・(笑)。

カップ戦はパシフィックCはまだ一度も優勝出来ていませんが、オリエンタルCは10年目にようやく初優勝できました。他にはまぐれで7年目にニューイヤーCを勝った翌年、こちらも奇跡的にアジアGCCも制しました。当然、ヴィクトリーCではボコられてしまいましたが・・・(笑)。   To Be Continued


サカつく04 攻略法 + プレイ日記 そのA(〜16年目)  へ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文








サカつく04 攻略法 + プレイ日記 その@(〜10年目) 奇人ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる